惜別 C11312



抜里の茶園

冬の西日の中、抜里の茶園を行く。区画整理される以前の冬の光景。



抜里の大カーブ

上の写真と同じ場所からの撮影。家山の駿遠橋をバックに、抜里の

大カーブを曲がってゆく。冬場の312号機の煙はとても綺麗だった。



抜里通過

冬の102列車の定番か、抜里の後追い撮影。青い42系と312号機の

組み合わせは、大井川鉄道の中でも一番の名コンビの様に思えた。



残雪を望み

珍しく川根路に雪が降った翌日、家山の南の山には夕方まで雪が残っていた。

私が、312号機と雪の組み合わせを撮影出来たのは、唯一この時だけだった。


Back   Next