大井川鐵道 2004年1月

2004年1月の大井川鐵道です。

前年に起きた神尾付近の崩落のため、SLは福用・千頭間の区間運転を行っていました。


2004年1月11日 福用〜大和田
駐機している家山から客車の留置されている福用まで、機関車は毎日回送されていました。



2004年1月11日 青部〜崎平
この年の冬は区間運転の関係で、お座敷車が付かなかった。



2004年1月11日 大和田〜家山
一日の仕業を終え、家山へと帰ってゆく機関車。



2004年1月18日 大和田〜家山
良く冷えた朝、白煙を棚引かせて福用へ向かう。



2004年1月18日 田野口
白煙を濛々と上げて、田野口駅を通過。



2004年1月18日 家山〜抜里
山の上には昨夜の雪。温暖な静岡では雪を見るのは珍しい。



2004年1月18日 福用
福用に客車を留置し、家山へと帰途につく機関車。



2004年1月31日 地名〜塩郷
林間を行く西武電車。



2004年1月31日 青部〜崎平
神尾崩落による南北分断に伴い、急遽予備車から復帰した西武電車が行く。



2004年1月31日 笹間渡〜地名
冬の笹間川、ひっそりとした中を駆けて行く。


Back