山形鉄道


山形県の置賜地方北部の南陽市・長井市を中心に、JR奥羽本線の赤湯と白鷹町の荒砥を

結ぶ30.5kmの鉄道が、山形鉄道です。JR東日本長井線を昭和63年に引継ぎ開業した、

第3セクター鉄道です。路線は、大正2年に長井軽便線の赤湯・梨郷間の開業を初めとし、

その後大正3年には長井までの開通を見ました。長井以北については、別途荒砥線として

建設され、大正12年に終点荒砥まで全通しました。かつて国鉄時代には山形盆地の左沢線

と結ばれる計画もあったそうです。かつてのJR米坂線への乗り入れは中止されています。

路線は置賜から山形・寒河江へと流れ込む最上川に沿って進み、田園地帯が広がっています。


yamagata.jpg

初冬、朝霧の刈田を行く

山・新緑




ローカル探訪へ  Top