明知鉄道


中部地方岐阜県東部の東濃地方。古くから主要な街道が通り、周囲の山々にも歴史有る町が

多く存在する。その中で、本能寺の変で有名な明智氏の治めた地・明智の里と、中央本線の

恵那駅を幾つかの峠を越して結ぶのが、第3セクターの明知鉄道。その道中の景観は平凡な

ローカル線の風景では有るが、山々の懐に抱かれた静かな山里の風景はとても素晴らしい。


起点で有る恵那市を出た路線は恵那盆地の縁を廻って高度を稼ぎ、東野駅の先からは木曽川の

支流で有る阿木川のさらに支流の飯沼川に沿って高度を稼いでいく。飯沼駅を過ぎると線路は

トンネルで小さな峠を越し、阿木の集落へと下っていく。ここは現在では恵那市に隣接する中

津川市となっているが、かつては阿木村と言う独立した行政単位で有った。阿木駅は町の中心

地区からはやや離れて存在し、町の一番低い地区に位置している。阿木を出るとすぐに峠道。


峠を越すと、沿線で一番大きな岩村の町へと入る。今では、阿木を除いて沿線の町村は全て

恵那市となってしまっているが、ここ岩村は古い城下町で有る。古くは東濃地方の豪族遠山

氏の城下町として栄えた町で、今でも古い町並みや城跡が観光地として賑わっている。この

盆地には飯羽間・岩村の2駅が設けられており、沿線他地区とは一段違う広がりを見せる。


岩村駅で対向列車と交換した列車は再び峠へと登ってゆく。峠を越すと次は旧山岡町、寒天

の町である。峠から山岡までは、しばらく小里川の支流の谷を進む。途中、花白と言う小駅

に隣接して花白温泉が有る。山岡の駅前はかつては町の中心で有った様だが、今では人通りも

ほとんど無く寂しい静かな駅前である。ここ山岡は寒天生産で有名な地で、冬ともなればそこ

ら中の刈田に寒天を干す光景を見ることが出来るが、それ程冬の冷え込みが激しい地なのだ。


山岡を出ると再び峠越えとなり、峠を越すといよいよ明智へと下ってゆく。途中、小さな集落

に野志駅が設けられているが、飯沼駅と野志駅は特別認可駅である。何が特別かと言えば、通

常では駅を設置する事が許可されない急勾配の途中に有るのだ。両駅とも国鉄明知線から明知

鉄道への転換時に設けられた新駅だが、運輸省担当者を迎えての停車・発車試験を行った上で

の認可で有ったそうだ。駅のホームと横の水田とを較べてみると、その急坂振りが良く判る。


やがて線路は急坂を下りきり、終点明智駅へと到着する。明智は昭和初期の町並みが良く残り

大正村として観光地化されている。明智の地も城下町であり、かの明智光秀の所領であった。


いくつも峠を越え、小さな町を結ぶ鉄路。どこか懐かしい線路を今日もレールバスが行く。


春 景 晩 夏 '08春




ローカル探訪へ  Top